おかしなギャンブルジョーク トップ10

ギャンブルのジョーク

ギャンブルは、誕生した時から私たちの文化の一部です。しかし、最近のギャンブルは大きく変わりました。あらゆる面において大きく改革しました。オンラインカジノであろうと、実店舗のカジノであろうと、いずれでギャンブルしても、最高の時間を過ごせます。予想できない結果やテーブルでのジョークも楽しめます。なんといっても、おもしろいジョークは、コイン100万枚の価値があります。黄金の山とでも交換しようとは思わないほど、ジョークはギャンブルには欠かせないものです。

風変わりなギャンブラー:

テーブルに男が歩いて来ます。テーブルにたどり着きそうになった瞬間、近くでプレイしている一匹の犬に気付きました。驚くことに、ギャンブラーの誰も、この犬に注目しておらず、男はビックリしました。その犬は、人間がギャンブルゲームでやること全てをこなします。男は、近くのプレイヤーのところへ行ってこう言いました。「あの犬がポーカーをプレイしている。きっと頭の良い犬に違いない。」すると、そのギャンブラーはこう答えました。「そうでもないよ。エースが貰えるたび、尻尾を振るからね。」

賞金とステーキ:

あるギャンブラーが肉屋に言いました。「棚ケースの一番上にある肉を持ってくれば、100ドルをあげるよ。」すると肉屋が答えました。「悪いね。あのステーキは高いから、そりゃ無理な話だね。」賞金(stake)とステーキ(steak)をかけているダジャレです。

ナッツ:

『ピスタチオを食べたことありますか?うまいのを食べたら、もっと食べたくなるし、まずいのを食べたら、もっと欲しくなりますね。これもギャンブルだね。』ここでは、nutsは二つの意味があります。木の実の「ナッツ」と「夢中になる」という意味です。

ラスベガス:

ラスベガスの教会で使う献金皿は、ユニークです。いかにもラスベガスらしいお皿です。お皿は、カジノのチップを入れることができ、全て仕分けされています。というのも、チップは現金に換金するために送られるからです。これはシマリス(Chipmunk)ならぬ、チップモンク(Chip Monk:チップの修道僧)の仕事です。

ポーカー:

妻にストリップポーカーに誘われた時、私はゲームから降りていました(フfold)。実際には、妻はただ単に、洗濯物を畳んで(fold)欲しかったようでした。

ベッティング:

『私はエースを持っており、友だちは賭け金がなくなりました。そこで彼は息子をゲームに参加させました。もし私が勝ったら、彼の息子をレイズしなくては/育てなくては、と心配しました。』

ケンカ腰だな:

『ケンカ腰(英語のイディオム:chip on the shoulder)だから、カジノを去るように言われた事が最悪でした。』

ケンカ腰だな

つまずき:

『通りを歩いていると、スポーツギャンブルの標識と出会い、気付く前につまずきました。そのオッズはいくつですか?』

『サッカー』:

あるギャンブラーが友だちに言いました。「運がついてない時に賭けをしていたよ。フットボールでは5試合中5試合、野球では3試合中3試合、クリケットでは9試合中9試合に負けたよ。」そこで、その友だちは言い返しました。「いつでもサッカーで運を試せるよ。今ちょうど始まるところだし。」そして、ギャンブラーはこう返答しました。「でもサッカーについて何も知らない。」

競馬:

その馬は優秀だったので賭けたのですが、スタートのゲートを出るとすぐ、ゲートを閉めました。

まとめ:

ギャンブルの勝ち負けは、必ずしも重要ではありません。ゲームテーブルで友だちを作り、冗談で笑い合い、少しの知識が身についたら、ギャンブルから得られたものは大きいでしょう。笑いは、何事とも比較できませんし、同じ経験はもう二度と起こりません。だから、今度テーブルに行くときは、くつろいで、そんなに真剣にならないようにしましょう。時間を有意義に使って、楽しくプレイしましょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *